対象者

「0円でもできるネットCM」は、中小企業や個人商店、フリーの工芸作家、ハンドメイド・インストラクターなどの方が対象です。
特に、
● Webサイトやチラシなどで広告・宣伝をしているが、効果が上がらない
● 動画マーケティングに関心があるが、業者に頼むほどの予算はない
● ネット・SNSを使ったプロモーションを考えているが、やり方がわからない
といった方々に向いています。

文章を読まない、読めない時代

日本人が「文章を読まない、読めない」ようになってきていることにお気づきでしょうか?

AI vs 教科書が読めない子どもたち」という本で、情報学研究者の新井紀子氏は驚くべき調査結果を発表しました。
高校生の半数以上が教科書に書かれている文章の意味を読解できないというのです。

若者たちばかりではない。大人も今や、なるたけ文章を読まずにすませようとしています。

チラシもWebサイトも、文章で訴えるものです。
しかし、私たちは自分の商売を知ってもらうために、広告・宣伝をしなければいけない。
どうしたらよいのでしょう?

映像の持つ5つのパワー

映像には見る人の右脳にはたらく大きな力があります。
映像制作に携わって37年になる私は、これを5つのパワーと定義しました。

  • 信頼を感じさせる力
  • 動きを見せる力
  • 臨場感を与える力
  • 言語を超える力
  • 印象を残す力

文章を読んでもらえない時代には、映像のパワーを利用することであなたの商売を広く知ってもらうことが有効な手段です。

ネットCMは0円でもできる

CMとはCommercial Messageの略。TVで流されているCMと同じです。
ネットCMとは、インターネット(YouTubeや他のSNSなど)を使って映像を消費者に見てもらうことにより、あなたのメッセージを届けることです。

動画広告には費用がかかりますが、ネットCMは工夫しだいでお金をかけずに実行することができます。
ただし、そのためにはノウハウとやる気が必要です。

「0円でもできるネットCM」では3つのステップでネットCMの実行方法を解説します。

パート1. ネットCMの準備(マーケティング・企画構成)

準備こそ一番大切です。
ただ動画を数多くアップすればPRが成功していた時代は終わりました。
ご自分の商売を見つめ直して、消費者にどのようなメッセージを届ければいいのか、分析と構築をする必要があります。
このセミナーでは、そのための方法論をお伝えします。

パート2 ネットCMの制作(撮影・編集など)

YouTuberの活躍などもあって、ネット動画の視聴者は目が肥えました。
最低限のクォリティが確保された映像を制作する必要があります。
できるだけお金をかけずに視聴者に違和感なく見てもらえるネットCMの制作方法を解説します。

パート3 ネットCMの発信(YouTube・SNSなどの利用法)

広告予算をかけないためには無料で利用できるYouTubeやSNSを使ってネットCMを発信する必要があります。
それぞれのメディアの特性を理解し、自分の商売に合わせた発信のしかたを考える必要があります。
メディアごとの特性や利用方法を紹介し、発信の戦略を考えるお手伝いをします。

  • 今後、各パートの実践的な勉強会、ワークショップも実施予定です。

講師略歴

前川正人
映像クリエイター/動画制作アドバイザー
昭和32年 大阪府吹田市出身
大手TV-CM制作会社に13年間、制作進行、映像ディレクターとして勤務後独立。
フリーランスの映像クリエイターとして20数年間、企業・官庁の広告・広報映像、展示会・イベント映像、教育映像などの制作に携わる。
専門分野は、企画、シナリオ、演出、編集、グラフィック制作など。
2018年より動画制作アドバイザー業務を開始。
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家

一方では、コインランドリーを経営する経営者でもある。